海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > 限定コラボあり ネルソン・マンデラ国際デー2014

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年7月18日

限定コラボあり ネルソン・マンデラ国際デー2014


メール プリント もっと見る

限定コラボあり ネルソン・マンデラ国際デー2014

明日、7月18日はネルソン・マンデラ国際デーです。


マンデラ氏が南アフリカの民主化実現のために投じた67年間にちなんで、この日は67分間のボランティア活動を行うことが呼びかけられ、南アフリカ国内はもちろん、国際的にもさまざまな活動が行われます。「マンデラ氏のように、よりよい世界のための責任を担う一員として、一歩ずつ前に進んでいこう」という訳です。


●ネルソン・マンデラ国際デー 昨年の様子はこちら

https://tokuhain.arukikata.co.jp/johannesburg/2013/07/south-africa-news-nelson-mandela-95-birthday.html


https://tokuhain.arukikata.co.jp/johannesburg/2013/07/south_africa_news_activities_at_nelson_mandela_day.html


とはいえ、今から明日までにボランティア活動を準備するのはちょっと大変そう......と思っていたら、今から参加できそうなオンライン・アクションの案内を受け取ったので共有したいと思います。


ネルソン・マンデラ国際デーにオンラインでバズを起こそう!

1407_mandela01.jpg


アクションの名前は「マンデラ氏を想って(Remembering Mandela)」。ソーシャルメディアを活用してよりよい世界、具体的には、貧困のない世界の実現を後押ししようというアクションです。


ではどうやって参加すればいいのかと内容を確認してみたところ、どうやら3つの方法があるようです。


●1.Youtubeチャレンジ

最も影響を受けたマンデラ氏の言葉を発声する姿を30秒以内の動画に収めてYoutubeに投稿(アップロード)するもの。投稿された動画のいくつかはマンデラ氏を追悼する公式映像のために活用されるそうです。


▼詳しくはこちら
http://blog.myworld2015.org/nelson-mandela-youtube-challenge/


●2.Twitter/Thunderclapキャンペーン

Twitterなどで大勢が同時に1つのメッセージを発信することで、バズを生み出そう!というキャンペーンです。


人工「バルス! 」ジェネレーターとも呼ばれる「サンダークラップ(Thunderclap)」に自分のアカウントを登録することで参加できます。狙い通りTwitterの話題入りが果たせるかどうかは、どれだけ多くの参加者が集まるかが勝負です。


1407_mandela03.jpg

サンダークラップの登録画面


▼詳しくはこちら
https://www.thunderclap.it/projects/13647-remembering-mandela


●3.デジタルキャンペーン

「マンデラ氏の印象的な言葉や写真をオンラインに用意したから、ぜひ自分のオンライン・コミュニティにシェアしてね」というもの。素材には下のリンクからアクセスできます。


▼詳しくはこちら
http://tinyurl.com/mandelakit


今だからできる限定コラボ 最初で最後のオンライン・アクションかも?

ところで、どうして「67分のボランティア活動」を呼びかけるはずのネルソン・マンデラ国際デーに、オンラインアクションが行われるのでしょうか。ネルソン・マンデラ財団(Nelson Mandela Foundation) と共同でこのアクションを呼びかけている「マイ・ワールド(My World) 」に答えが隠されていました。


実は来年2015年に、2000年から継続して取り組まれてきた貧困解消のための国際目標(ミレニアム開発目標。略称MDGs)が期限を迎えようとしています。そこで現在、2016年以降に世界が取り組むべき課題は何か、どのような目標を設定するのかについて国際的な議論が行われていて、今年の9月が大きな山場だと言われています。


この「世界が取り組むべき課題」について密室で議論を進めるのではなくて、世界中から広く意見を募りたい――そんな発想から生まれたオンラインのプラットフォームがマイ・ワールドです。具体的には、「教育」「水」「雇用」「保健」などの選択肢の中から自分が「これだ!」というものを選んで投票をするという、選挙のようなしくみを持っています。

マンデラ氏が目指したよりよき世界とは、貧困のない世界でもあったはずです。よりよい世界、貧困のない世界のために、何か1つ始めよう。2016年以降の未来のために、今行動することが大切だ。今という時期に両者の考えが一致したことで、このコラボレーションが実現したんじゃだろうなと思います。


あとがき

1407_mandela04.jpg

ちなみにこのようなソーシャルメディアを活用した社会課題解決のためのアクションは色々と行われていますが、ソーシャルメディアを使っているというだけで「全世界の人がつながれる」「誰でも意見を言うことがができる」という売り出し方がされがちなことに関して、実は僕はあまりいい印象を持っていません。


なぜなら、誰もがソーシャルメディアにアクセスできる訳ではないからです。例えば、僕の父や母に今回紹介したオンライン・アクションを、いや、そもそもTwitterとは何かを理解してもらうことはほとんど不可能です。


僕の両親はさておき、もっと大切なこととして、今回のお題でもある「世界の貧困」に関してはソーシャルメディアを使って当事者の意見を聞き取るのがなかなか難しいです。僕が知っている村の人たち、例えば数百円のエアタイム(Airtime。携帯電話のプリペイドチャージのこと)購入に悩まざるを得ないような人たちが、わざわざマイ・ワールドにアクセスしてこのアクションに参加するとは考えにくいです。ですので(目的にもよりますが)、「ソーシャルメディア万歳!」のアクションにはちょっぴり懐疑的だったりします。


とはいえソーシャルメディアそのものを否定している訳ではなくて、自分の1つの顔とも言えるソーシャルメディアを通じて社会に対する自分の関心を表明することは大切なことだと思っています。このブログを読んでくれているということは、インターネットへの十分なアクセスがあるはずです。もしよかったら、参加してみてください。


それでは!


photo credit: michperu via photopin cc

Twitterもよろしくお願いします!

記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



最後までお読みいただきありがとうございます

ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立った、面白かったらワンクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

にほんブログ村


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 生活・習慣・マナー
2014年7月18日
« 前の記事「【世界遺産】ヴィクトリアの滝 黄熱病の予防接種は必要なのか?」へ
»次の記事「出入国拒否の可能性も 子連れで南アフリカを訪れる方に必ず知っておいて欲しいこと/旅行者のための南アフリカ...」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    トイレで◯◯を発見
    世界遺産でJAZZ! ジャズ・イン・ザ・クレイドル
    地図やガイドブックを信じてはいけない 南アフリカの道に潜むワナ
    ネルソン・マンデラ国際デーの南アフリカ 家の引渡しや施設の訪問、サプライズの誕生日パーティーも
    テーブル・マウンテンのケーブルカー運行停止にご用心!
    危篤のネルソン・マンデラ元大統領、95歳の誕生日を迎える
    やばっ、お土産買ってない......という時に超便利なO.R Tambo空港のショップOUT OF AFRICA
    ビール好き必見! 南アフリカのビールがまるごとわかる「ビール博物館」にいってみた
    リンポポ州の穴場的ゲストハウス「マディ・ア・ターバ」でベンダ族の文化に触れる

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集