海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > 南アフリカのケンタッキーフライドチキン(KFC)事...

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年9月30日

南アフリカのケンタッキーフライドチキン(KFC)事情


メール プリント もっと見る

南アフリカのケンタッキーフライドチキン(KFC)事情

普段は自炊派の僕ですが、移動中にどうしてもお腹が空いた時などにはファストフードを利用することもあります。


ということで、今回は南アフリカにおけるファストフードの王様、ケンタッキーフライドチキン(KFC)を紹介したいと思います。


1409_KFC.jpg

ショッピングモール内のKFC店舗


日本だとクリスマス前後の5日間だけで66億円を売り上げる など、ちょっとした特別感がありますが、南アフリカのKFCはもっと気軽に食べられています。


ですので、日本では考えられないくらい値段が安い!です。


日本のKFCは1ピースが240円です。これに対して南アフリカでは、Streetwise 1というセットメニューはチキン1ピース、パップ(南アフリカの黒人の主食。詳しくはこちら )そして、グレービーソースがついてお値段はたったの15.90ランド(=約160円)。


原材料や人件費が違うので何とも言えませんが、もしも南アフリカのKFCが日本並に値上げをしたら暴動が起きるでしょう。


ところで南アフリカでKFCを食べるとしたら、どんなメニューがオススメでしょうか。


以前にマクドナルドの記事 を書いた時のように、ご当地メニューということならパップ付を注文するのが王道ですが、KFCのパップはあまり美味しくないのでパス。


メニューをざっと見渡して目に留まったのはFully Loaded Box Mealというセットメニューです。セットの内容は、チキンバーガー、チキン1ピース、マッシュポテト&グレービー、フライドポテト、飲み物です。お値段は61.90ランド(=約620円)。


大きな体の南アフリカ人でもお腹がいっぱいになるこのメニューなら、満足すること間違いなしです!


南アフリカのKFC店舗数は世界第5位

せっかくなので、南アフリカのKFC事情をちょっと調べてみました。


南アフリカに数あるファストフード・チェーンの中で、KFCの人気は別格です。ある調査によると、南アフリカ人の成人2人に1人は、4週間に1回ペースでKFCを食べているんだそうです。


月1回って......普通じゃない?という気もしますが、このデータを見る時には、すべての成人を対象にしたものです。


南アフリカが格差大国かつ、失業率が25%を超える超失業大国です。日本と比べると価格が安く設定されているとはいえ、実際にはKFCを買うために十分な収入がない、あるいは生活圏内にKFCがない人も多いでしょう。


もしもKFCへのアクセスがある人に調査の対象を絞ったら、2週間に1回、いや、週1回ペースで通っているという調査結果になりそうな気がします。


こんな大人気っぷりを反映してか、南アフリカではかなりの田舎町にもKFCが出店しています。ランキングを調べてみたところ、なんと出店数は世界第5位! 


●KFC出店数ランキング(2013年末)

1位 米国 4491店

2位 中国 4563店

3位 日本 1181店

4位 英国 784店

5位 南アフリカ 736店

6位 カナダ 663店

7位 オーストラリア 618店

8位 マレーシア 579店

9位 タイ 492店

10位 インドネシア 466店


出典:YUM! FINANCIAL DATA


そりゃあ僕が住んでいるマカド(Makhado)のような田舎町にKFCが2店舗もお店を構えている訳です。


他のアフリカ諸国はどうなのか?とさらに興味が沸いてきたので、サハラ以南アフリカの国々への進出状況を調べてみました。


すると2013年の時点で、アンゴラ、ボツワナ、ガーナ、ケニア、レソト、マラウィ、モーリシャス、モザンビーク、ナミビア、ナイジェリア、南アフリカ、スワジランド、タンザニア、ウガンダ、ザンビア、ジンバブエの16ヵ国にKFCが既に出店しているんだそうです。


国名をざっと眺めてみると......仏語圏アフリカがごそっと抜けているのが面白いですね。


photo credit: Jeff Attaway via photopin cc


"9月のお題「から揚げ」"


Twitterもよろしくお願いします!

記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



最後までお読みいただきありがとうございます

ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立った、面白かったらワンクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

にほんブログ村


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 生活・習慣・マナー
2014年9月30日
« 前の記事「ヨハネスブルグ&ソウェト手づくり日帰りツアー」へ
»次の記事「【世界遺産】ロイヤル・リビングストン/ヴィクトリアの滝(ザンビア側)」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    世界最大のバオバブに大興奮 樹齢はなんと6000年!
    ユザワヤもビックリ! どんな生地でも揃うヨハネスブルグのオリエンタルプラザ
    ヨハネスブルグでイタリアマンマの味を満喫!
    混戦のサッカー2014年W杯アフリカ予選 南アフリカはブラジルへの夢をつなげるか?
    週末ショッピングの新定番 ノーウッドに日曜マーケットがオープン!
    Google翻訳がズールー語に対応!
    ヨハネスブルグ特派員流・南アフリカ行き格安航空券の探し方

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集