海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 花傘巡行・還幸祭 ‐祇園祭‐

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年7月25日

花傘巡行・還幸祭 ‐祇園祭‐


メール プリント もっと見る

花傘巡行・還幸祭 ‐祇園祭‐

%8B%E0%81E%8B%E2%8E%82%8Eq%81A%96y%95%90%8E%D2.jpg かつて祇園祭の山鉾巡行は17日と24日の2日間行われ、それぞれ「先祭(さき(の)まつり。前祭とも書く)」と「後祭(あと(の)まつり)」と呼ばれていました。しかし後祭に鉾はなく、山も9基のみの寂しさだったことや、交通規制の問題などもあってか、1966年(昭和41年)から17日にまとめて行われるようになりました。そしてこのままでは24日の行事がなくなってしまうから、と言うことで後祭に代わって始められたのが花傘巡行です。先祭と後祭は巡行の順番として現在の巡行に引き継がれています。

%89%D4%8EP.jpg %8E%99%95%90%8E%D2.jpg %8Bv%90%A2%98Z%8D%D6.jpg

花傘巡行は祇園萬燈会や久世六斎保存会、祇園祭山鉾連合会などによる舞踊や音曲の列、祇園や先斗町の茶屋組合の参加などによる芸能的色合いの強い行事ですが、児武者(こむしゃ)や馬長(うまおさ)など山鉾行事の古い形も採り入れています。

%90%E6%93l%92%AC%82%A8%92%83%89%AE%89c%8B%C6%91g%8D%87%89%D4%8EP.jpg %8D%EB%97x2.jpg %96%9C%93%94%97x.jpg

巡行は24日午前10時に八坂神社を出発し、四条通、河原町通、御池通を経て寺町通から再び四条通に出、御旅所で神霊を拝した後、八坂神社へ戻る2時間の行程です。全部見るのに30分。循環コースなので見逃しても先回りすれば最初から見られます。また神社では行列の帰着後、神前に奉納される各種芸能を見ることができます。


%8A%D2%8DK%8D%D5.jpg %8EO%8E%E1.jpg %92%86%8C%E4%8D%C0%90_%97%60.jpg

この晩、7日間御旅所に鎮座した神霊が八坂神社へ帰ります(還幸祭)。午後5時から順次、御旅所を出発した三基の神輿は氏子地区を回り、二条城の南の三条会商店街にある御供社(ごくうしゃ)まで、神幸祭 の時よりも長い旅をします。交通を始めとする諸事情を考えれば当然のことですが、それでも驚いたことに、もらった予定表によると神輿の巡行時間はおおよそではなく、分刻みで構成されていました。巡行コースが商店街や住宅街を通るせいか、祭がとても身近に感じられ、観光化していないところが私にはありがたい行事です。


28日は再び御用水清祓神輿洗 、29日は神事済奉告祭、31日は疫神社夏越祭(えきじんじゃなごしさい)と祇園祭はまだまだ続きます(と言うことは普通、もうそろそろ終りと言うことですね)。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2009年7月25日
« 前の記事「神幸祭 ‐祇園祭‐」へ
»次の記事「疫神社夏越祭 ‐祇園祭‐」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。
    京都・彼岸花の名所。「亀岡・彼岸花の里」。
    彼岸花咲く秋晴れの「嵯峨野」。
    源氏物語を思う宇治の橋巡り。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    京都迎賓館見学記
    山鉾重量測定結果 -祇園祭-
    山鉾巡行 -祇園祭-
    宵山 -祇園祭-
    宵々山 -祇園祭-
    宵々々山 -祇園祭-
    宵々々々山 -祇園祭-
    鉾曳き初め -祇園祭-
    鉾建て・神輿洗い -祇園祭-
    祇園囃子
    祇園祭、始まりました。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島答志島・三重能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      韮澤 成行
      東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集