海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > 【必見!】Win a dinner for 2 a...

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年8月20日

【必見!】Win a dinner for 2 at Stellar at 1-Altitudeペアディナー($380++)プレゼント!


メール プリント もっと見る

【必見!】Win a dinner for 2 at Stellar at 1-Altitudeペアディ...

IMG_34851A.JPG

Exclusively for Globetrotter website readers only!
We are giving away the "Kokumi Constellation" special dinner for two featuring the best Japanese ingredients at Stellar at 1 Altitude. (Worth S$380++, bevarages not included)
"Kokumi" means mouthfulness and heartiness in Japanese. Now "Umami" is recognized as fifth taste, enjoy new sixth taste sense!
More details are at end of this article.


地球の歩き方シンガポール特派員ウェブサイト読者の皆様に、スペシャルプレゼント!
Chris Millar シェフによるモダンオーストラリア料理の店、Stellar at 1-Atltitude(ステラアットワンアルティチュード)で現在提供されている、日本食材にインスピレーションを受けた8皿のスペシャルディナーコース、"Kokumi Constellation(S$190++相当、飲み物は別)"のペアチケット、S$380++(S$444.6)相当を1組様にプレゼントします!

応募方法はコース紹介の最後にありますので、どうぞご覧ください!

th_1IMG_4553.jpg

ラッフルズプレイス駅前、シンガポールで最も高い62階に位置するレストラン、ステラアットワンアルティテュードでは、9月15日まで日本食材を使った特別メニュー"Kokumi Constellation(こく味コンステレーション)"が提供されています。ステラとは星、という意味。シンガポールで一番星空に近いレストランで、クリストファー・ミラーエグゼクティブシェフによる、素材の味を生かしたモダンオーストラリア料理を楽しむことができます。

th_IMG_1171.jpg

先月、世界有数の高級シャンパンメゾン、クリュッグのアンバサダーとして日本を訪れたクリスシェフは、ジョエル・ロブションシェフの右腕で、TV番組料理の鉄人に「フレンチの貴公子」として出演したことでも知られる、須賀洋介(すがようすけ)さんとのコラボレーションディナーを行いました。(シンガポールでのコラボレーションの様子はこちら

その際に出会った日本食材の素晴らしさに感銘を受けて生み出したのが、今回の、9月15日まで限定の8皿のスペシャルディナー。北海道や京都からやって来た日本の魚介類や最高級の飛騨和牛、今が旬の桃などを使い、今、うまみに次ぐ新しい味覚として注目されている、コクのある味わい、こく味(こくみ)にこだわったメニューとなっています。その他にも、石川県の柚餅子の老舗、中浦屋の柚子のコンポート、「ゆずデュウ」を生かしたソース、あのNOMAも愛用している、京都丹波産のフルーツガーリックなど、日本の上質の食材にこだわった内容となっています。

今回は、日本人オーナーが日本人の味覚に合ったワインをと、スペインで生産されている聡明(そうめい)ワインも入った8杯のワインのペアリング(別料金、S$115)も楽しめます。

それでは、早速その内容を紹介していきましょう!

みんなで聡明のスパークリングワインで乾杯!

th_1IMG_4536.jpg

Stellar at 1-Atltitudeからの景色は、こちらの記事( )からもご確認いただけます。

そして、クリスシェフからはコースの説明が。「先月訪れた日本で、日本の食材に改めて魅了されたのが、このメニューの原点。オーストラリアは世界のいろいろな国から影響を受けている土地柄で、調理法にも決まりごとにとらわれない自由さがある。自分の持ち味は、ピュアでクリーンな素材の味わいを生かした料理。日本の素晴らしい食材を使って、そんなモダンオーストラリア料理を作ってみたので、楽しんでくださいね!」とのことでした。

メニューには、季節の食材が写真付きで紹介されていて、一層食欲をそそります。

th_1IMG_4525.jpg

アミューズは、小さなヨーグルトの瓶のようなものに入った Smokey dashi espuma, sesame tofu。

th_1IMG_4534.jpg

ふたを開けると、ふわっと香る干し草のスモークの香り。乳製品は一切使っていないという、豆乳のエスプーマ、そしてその底には、角切りにした、ほんのりゴマと出汁が香る卵豆腐。上に乗った小さな葉は、ほのかな酸味のあるレッドアマランサスです。卵豆腐に豆乳というクリーミーなうまみの重ね方に香ばしいスモークが食欲をそそります。

TEA CEREMONY Clear fish consomme, herbal "tea bag", fading dashi capsule(2014 Sato Riesling, Central Otago, New Zealand)
続いて、「日本と言えば、茶道でしょう!」と、運ばれてきたのは、ステンレスのお椀。

th_1IMG_4554.jpg

中には小さなキューブが。そして、「お茶」を注ぐと、見る見るうちにキューブが溶けて、香ばしい香りが辺りに広がります。

th_1IMG_4559.jpg

th_1IMG_4563.jpg

そして、お碗の中には金箔が広がり、華やかな雰囲気に。

th_1IMG_4549.jpg

ペアリングは、青リンゴのようなすがすがしい香りが特徴的な、NZのリースリング。名前がSato、というのであれ?と思われた方もいらっしゃるかも。実は、こちらのワインは、元銀行員の佐藤嘉晃さんが、理想のワインを作るために会社を辞め、NZ、オタゴで有機、バイオダイナミックにこだわって作った自然なワイン。ハーブの香りとこのすがすがしさは、ぴったりマッチしていました。

RAW Hamachi,shoyu jelly, edible fish net, edible flower
(2014 Stonier Chardonnay, Mornington Peninsula, Australia)
この日はありませんでしたが、生のハマチを使った一皿も提供されます!

STEAMED Hokkaido oyster custard, uni, nsturtium
(2015 Chateau Bel Air Perponcher Blanc, Bordeaux, France)

th_1IMG_4571.jpg

北海道産の牡蠣を使った高級茶碗蒸しのようなイメージのフラン。上には蒸した牡蠣と、海の味がレイヤーになって重なります。北海道の大粒の紫ウニがコクをプラスします。リンゴの香りのジュレが、すっきりとした印象を加えています。白い花のようなフローラルな香りが特徴の、セミヨン種主体のボルドーの白ワインが、華やかさをプラス。

PANFRIED Foie gras, Japanese eggplant, "mochi" brioche
(2013 Franz Haas, Gewurtztraminer, Italy)

th_1IMG_4541.jpg

白みそに漬け込んだフォワグラに、日本のナスのピュレ、餅風のブリオッシュ。
白みそにナス、まるで田楽を思わせるような組み合わせですが、味噌の香りはあまり強くなく、ほんのり後味に残る程度、甘さとフォワグラがよく合います。ブリオッシュというと軽いイメージですが、どこかスコーンや英国風のビスケットのような、ふっくら、サクサクとしたテクスチャーが楽しめます。
フォワグラと絶妙の相性の、ぺトロール香と呼ばれる甘い香りが特徴のゲヴェルツトラミネルと合わせて。


PANFRIED Banka trout, ikura, kombu, carrot "coil", prawn oil, yuzu
(2012 Ginza Soumei Extra Brut Reserva,Penedes, Spain)

th_1IMG_4596.jpg

スペイン・バスク産のBanka Troutという鱒は、半生に焼き上げ、イクラ、昆布のジュレ、美しいコイル状にした人参を合わせています。
まるで、現代風の生け花を見ているような美しい盛り付けはもちろん、昆布だしの香りをまとった鱒と人参は、人参の甘味が鱒の味を引き立てるコンビネーション。しっとりとした身と、カリカリした人参の食感の対比も楽しめます。

人参の甘味とリンクする、蜂蜜のような香りのある聡明のスパークリングと合わせて。

GRILLED Japanese sardine, Momotaro tomato "ratatouille", parmesan(2015 Ginza Soumei, Granacha, Penedes, Spain)

th_1IMG_4610.jpg

そして、日本のイワシを使った意外なメニュー。三重県産のイワシをグリルして、グリーンオリーブのタプナードソースと合わせます。「地中海産のイワシと違って、とても繊細な味わいが日本のイワシの特徴。それを壊さないバランスを考えたんだ」とChrisシェフ。このタプナードソースには、石川県の柚餅子の老舗、中浦屋の柚子のジュレが使われています。添えられた桃太郎トマトのスライスの上には黒オリーブのソース、そして、焼きナスを思わせるスライスしたナスのグリルには、パルメザンチーズとブラッドオレンジの皮を細かく削ったものがパラパラと。左には、京都丹後で作られている最高級の黒にんにく、フルーツガーリックのソースが添えられています。

th_1IMG_4598.jpg

SMOKED Gosper grilled wagyu A5 rib eye, edamame, orange anitcusho sauce, sweet potato, mushroom, pickled & caramelised shallot(2012 Chateau Mont-Perat Rouge, Bordeaux, France)

th_1IMG_4620.jpg

そして、クリスシェフお気に入りの薪オーブン、Josper(ジョスパー)オーブンで焼き上げたのは、A5の飛騨和牛。
表面はこんがりと、中はしっとり、柔らかく、赤身と脂のバランスも最高。脂のまろやかさがありつつ、赤身の肉質がしっかりと楽しめる牛肉でした。サイドに添えられたのは、同じくJosperオーブンでじっくりと焼き上げて甘味を引き出した紫芋のピュレ。ここで初めての赤ワイン。

th_1IMG_4618.jpg

カベルネフラン、カベルネソーヴィニョン、メルローのブレンド。紫芋の、どこかヴァニラを思わせるような香りが、ボルドーの樽のヴァニラの香りとマッチ、脂のある肉と、どこか青ピーマンのような独特の香りやスパイシーさのあるワインがよく合い、また日本の夏を思わせる雰囲気でした。

デザートは、シンガポールの気鋭の若手女性ペストリーシェフ、Jasmine Chewシェフによるもの。

SORBET White peach lychee sorbet, compressed peach, Sauternes, berries(2013 The Bothie, Muscat a Petits Grains, barossa Valley, Australia)

th_1IMG_4638.jpg

氷でできた美しいグラスに入って、見た目もとても涼やか。日本の白桃と赤い桃を使い、上には赤い桃を乾燥させたチップス、そして中にはラズベリーなどのベリーや桃のコンポートなどを凍らせたものに、白桃とライチのソルベを合わせて、ソーテルヌ(甘口ワイン)で仕上げたもの。すっきりとしたライチの香りが桃の風味を強調して、凍らせているのに香り高い一皿に。

最後の小菓子は「シンガポールフライヤー、観覧車をイメージしたという丸い枠の中に、オブラートに包まれた何か。

th_1IMG_4644.jpg

(次々に遊び心あふれたデザートを生み出すJasmineシェフ)
中身は、ミントバターにコーヒーアーモンドのクランブル、生のタラゴンの葉。すっきりとした後味と甘さで、とっても印象的な締めくくりとなりました。

こちらのコースを楽しめるペアディナーS$380++相当を、1組様にプレゼントします。

How to win :
1) Like Kyoko Nakayama Official Facebook page (https://www.facebook.com/kyokotv/)
2) Share this post to public in your Facebook timeline
Appreciate if you add some comment, what you expect from Stellar 1-Altitude / Globetrotter website, with whom you'd like to share this dining experience, which dish you'd like to try most, etc
The campaign will end at 23:59 on 25th Aug.
One lucky winner will be selected on 26th.
Please note; Winner will be contacted via Facebook message. For the identification purpose, we request real name, NRIC, hand phone number. This information will be used only for that purpose.

応募方法は、
1) 仲山今日子の公式Facebookページ (https://www.facebook.com/kyokotv/)にいいね!
2) この記事の投稿をシェア(公開)
の、2ステップのみです!
この投稿のコメント欄に、Stellar at 1-Atltitudeでこんな風に過ごしたい、こんな料理を特に楽しみにしている、また、この特派員ブログへの感想など、コメントをお書き添えいただけると更に嬉しいです。
8月25日23:59締め切り、26日当選者発表です。
当選者の方には、こちらからFacebookのメッセージを送らせていただきます。(予約時のご本人確認の際に必要となりますので、お名前、NRIC、携帯番号をお聞きいたします。お伺いした内容は、この目的以外には使用いたしません。)

また、来週22日~25日FM96.3 Smile Waveでも、こちらと別で、「FM96.3 Smile Wave&仲山今日子の今日のペストレストランプレゼンツ」という形で、1組様に同じペアディナーをプレゼントするキャンペーンを行いますので、朝7時~のSmile Waveをお聞き逃しなく!

th_1IMG_4582.jpg

<DATA>
■Stellar at 1-Altitude(ステラ・アット・ワン・アルティチュード)
今回のメニュー、Kokumi Constellation は9月15日までの提供
営業時間:ランチ 11:30~13:45(平日のみ)、ディナー 17:30~21:30、(いずれもL.O.)無休
住所:1 Raffles Place, Level 62, Singapore, 048616
電話:+65 6438 0410
アクセス:MRTラッフルズプレイス駅徒歩1分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ イベント・行事・お祭り レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒
2016年8月20日
« 前の記事「「Labyrinth」シンガポール人の一日をモダンに再現」へ
»次の記事「【プレゼント】Win a pair tickets! セレブが集うF1アフターパーティーPodium L...」 へ
おすすめ記事
    シンガポール特派員 新着記事
    [速報・Asia's 50 Best Bars 2018]初の授賞式がシンガポールで!
    [マカオ]緻密に、軽やかに仕上げた正統派フランス料理「The Tasting Room」
    [香港]軽やかに、シンプルに、クラッシックを表現「Petrus」
    [香港]アジアの視点で、フランスの豊かな食材を表現「Caprice」
    [香港]中国No.1レストラン・Amber 世界を旅したシェフが生み出す、美しいバランス
    [バンコク]Le Normandieでベルギーの三つ星シェフのコラボレーション
    [バンコク]ミシュラン二つ星 Mezzaluna、季節感で物語を引き出すフランス料理
    [台湾]台中のエレガントなグランメゾン「Le Mout」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    月餅商戦スタート!今年注目のSG50月餅とは?
    【必見!】高品質なシンガポール土産が揃う「Naiise」
    【速報】 今年も大盛況! Epicurean Market 2015
    徹底ガイド☆シンガポール建国50周年!建国記念日の楽しみ方

    シンガポール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シンガポール特派員

      シンガポール特派員
      仲山 今日子
      元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集