海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > 至高の晩餐を麗しの美術史博物館・ゲルストナーにて ...

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年12月30日

至高の晩餐を麗しの美術史博物館・ゲルストナーにて ~ウィーンの皇室御用達職人の伝統の技と味~


メール プリント もっと見る

至高の晩餐を麗しの美術史博物館・ゲルストナーにて ~ウィーンの皇室御用達職人の伝統の技と味~

去る12月23日、ウィーン・リンク沿いの美術史博物館内で素晴らしい晩餐を頂いて参りました!

Gerstnerディナー正面-a.jpg

美術史博物館の建物および内部装飾がどれほど荘厳華麗かは、以前の記事(美術館内のカフェとケーキ~皇室御用達ゲルストナーにて~ )で紹介したとおりですが、この度の目的は2階吹き抜けホール部分にある"カフェ・ゲルストナー"。この皇室御用達店が木曜の夜限定で、腕によりをかけたオーストリア料理のディナー・ビュッフェを振る舞ってくれるのです!


美術史博物館ディナーの様子-a.jpg


ディナー開始の18:30~22:00の時間枠内であれば、メイン・コース以外のビュッフェは前菜からデザートまで含めて食べ放題。席は全てリザーブされているので、21時までならば食間に小休止やお散歩がてら、2~3階の常設展示・臨時展示や1階のエジプト展、ミュージアムショップまで見学して来ることも可能。


さてゲルストナー自慢料理をここで一部ご紹介。

Gerstnerカボチャ料理-a.jpgGerstner-shrimp-a.jpg

シュタイヤマルク(スティリア)地方をはじめ、オーストリアはカボチャの名産地であることは既に何度も触れましたが、ここゲルストナーでもカボチャを駆使したムースやテリーヌをサーブしています(左写真)。
右のバスケットもまたパンプキンを刳り抜いて作られた芸術品。中に入っているエビのマリネは大変な人気の様子で、このお皿の前から行列が途絶えることがなかったほど。


Gerstner-kaese-a.jpgGerstner-suppe-a.jpg


今回のビュッフェの中で「絶品」と称さざるを得なかったのがチーズのアソートメント!!!
色とりどり、円やかなものから苦み、えぐみの効いたものまで14-5種類ものチーズが取り揃えられていました。写真を見て頂くとわかりますが、甘いイチジクやフレッシュな酸味のあるフサスグリ(たわわになった赤いベリー)をチーズに添えて頂くと、また味に変化があって誠に結構。
右写真は"雄牛の尾のスープ"!
何と雄牛の尻尾の骨から取られた琥珀色のクリアスープで、以前に家庭料理として紹介した牛骨スープ よりも低脂肪なのが特徴。
濃厚で非常に美味なコンソメスープは試す価値あり。


前菜、スープ、パン、チーズ及びデザートはビュッフェ形式でしたが、唯一メインコースのみ、3種類のメニューからチョイスします。
今回用意されていたのは牛肉のフィレ、ツァンダーのフィレ(スズキの一種)、フンギ茸のトリアンゴロ(ベジタリアン対応食)の3種類。日本人としてはお魚も捨て難かったのですが、やはりヨーロッパ料理の神髄はお肉でしょう、ということでビーフを選びました。
そして登場したのがこちら。

Gerstner-hauptspeise-a.jpg

ビーフのフィレは分厚いのに固くなく(ヨーロッパのお肉は日本で食べるものよりも格段に固めが多いのです)、焼き加減も上等。添えられてきたのはグリースノッカール(セモリーナという小麦の粗挽きとバター、牛乳、卵を練って作られたお団子)も、トリュフとシャンパンで味付けのなされたザワークラウト。
全体的に薄味の嫌いはあるものの、日本人にとってはぴったりのポーション。
総合評価としては申し分のない出来でした。
-


さてここから本領を発揮するのがゲルストナー。
何と言っても「皇室御用達菓子店」だったのですから、ここのデザートが美味しくない訳がありません。一部一緒に見ていきましょう。
まずはコンフェクトとプラリネのコーナーから。

Gerstner-confekt-a.jpgGerstner-confekt2-a.jpg
Gerstner-confekt3-a.jpgGerstner-confekt4-a.jpg

ピンク色のマジパンコーティングが掛っている可愛いお菓子は「プンシュトルテ」。(プンシュのお酒の入った焼き菓子)


Gerstner-obst-a.jpgGerstner-praline縦-a.jpgバナナのプチ・ケーキや珍しいフレッシュ・フルーツ等も充実。
マロンを模したマロンチョコレートや、生イチゴをホワイト&ミルクチョコレートでダブルコーティングしたお菓子も。


Gerstner-sachertorte-a.jpgGerstner-Stollen-a.jpg

オーストリア名物のザッハトルテ(左)と、クリスマスの時期限定のシュトーレン(右)。
シュトーレン:レーズンやドライフルーツ、ナッツ類の入った細長い焼き菓子。クリスマス前後に家庭で食べる-


Gerstner-maroni-a.jpgGerstner-mango-a.jpg

こちらのガラスの高杯に入っているのは、マロンムースとマンゴムース
ビュッフェでついつい食べ過ぎてしまった人にも、ふんわりとした食感なのでお勧めです。(但しボリューム大)
お味の方は言わずもがなですが、「頬っぺたが落ちそう」とは正にこのこと!
-


そして、こちらが著者の頂いたスイーツの(ごく)一部。

Gerstner-maki-dessert1-a.jpgGerstner-maki-dessert2-a.jpg

たとえ欲深との謗りを受けようとも、無類の甘党の著者、これだけは譲れません!!!
周囲の視線や胃のあげる悲鳴など一顧だにせず、"Sehr gut!"(非常に美味しい)をひたすら連呼しながら頂きました。
あ、でもコンフェクトとプラリネをどうしても食べきれず、2-3個こっそりポッケに入れましたが。(笑)


ゲルストナーの晩餐、如何でしたでしょうか?
今回は、夫の家族がここのディナー・チケットを贈ってくれたのですが、通常はディナー一人39ユーロ+飲み物代+入館料(大人一人10ユーロ)が掛かります。
これほど素晴らしいロケーションで、美味しいディナーと夕べのひと時を過ごすことは、どなたにとってもウィーンでの素晴らしい思い出となること間違いなし、是非一度はご体験なさってみて下さい!
ご予約はこちら: 電話: +43 (0)1 5261361 メール: khm@gerstner.at


デコ場はークリスマスケーキ1-a.gif
クリックお願いします☆

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2010年12月30日
« 前の記事「【セール第2弾】パーティ用の足長パンプスをゲットしに」へ
»次の記事「旧市街にある、土・日・祝日もオープンの歴史的な郵便局」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    ヨーロピアンテイスト溢れるインテリアの中で地中海料理を
    【お土産】スワロフスキーのコンテンポラリーな白鳥バングル
    【グルメガイド選出】ウィーン1区のベストカフェ特集
    クラシカルな本物の馬車に交じってモダンで怪奇な馬の銅像が!
    ウィーンでのショッピングには甘美なクリムトの「接吻エコバッグ」をお供にどうぞ
    カフェ ラントマンのスペシャリティ3 フランツィスカーナーとカフェ毎に異なるウィンナーコーヒーのアレンジ
    ウィーン・グランドホテルでいただく一流フレンチ Le Ciel by Toni Mörwald
    子供と一緒に楽しめる大人気のオペラ "ピノッキオ"
    1年前の同じ月に投稿された記事
    美術史博物館の年間パス
    マクドナルドでインターネット
    ウィーン旧市街のクリスマスマーケット
    キラキラのケルントナー通り スワロフスキー新店舗

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集