海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 北杜・山梨特派員ブログ > 『スーパーカブ』の"聖地"北杜...

日本国内/北杜・山梨特派員ブログ 水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年10月 5日

『スーパーカブ』の"聖地"北杜市をツーリングしよう!


『スーパーカブ』の"聖地"北杜市をツーリングしよう!

CIMG5528.JPG
『スーパーカブ』人気ですよね~♩
天涯孤独の女子高生が、中古の原付バイク「スーパーカブ」を手に入れ、日々の小さな楽しみを見つけていく青春小説です。
CIMG5526.JPG
コミックも1巻が発売されました。
この『スーパーカブ』の舞台が、ここ山梨県の北杜市なんです。
CIMG5584.JPG
主人公、小熊(こぐま)が暮らすのは、JR中央線『日野春駅』近く。
小熊は、ここから武川町にある高校に通学するためにスーパーカブを手に入れました。何といっても坂道がきついんです。
CIMG5590.JPG
この道標を左に曲がって下ります。その道がきつーい下り坂なんです。野猿返しとも呼ばれているとか。
CIMG5595.JPG
くねくね下ると、釜無川に出ます。『釜無川橋』を渡ると武川町です。
CIMG5599.JPG
橋を渡ってまっすぐに進み国道20号線を超えた先に、小中学校や上の写真の(小熊が原付免許の登録をした)武川支所、公営日帰り温泉『むかわの湯』などがある武川町中心部に出ます。
北杜市に高校は3つしかなく、武川町にあるという小熊が通う高校は実在しません。
CIMG5610.JPG
その先まで走ってみましたが、小熊にカブを売ったバイク屋さんも見当たりませんでした。
看板の左側には、有名な桜の名所『神代桜』と『眞原の桜並木』があります。紹介した記事はこちら。
【日本三大桜のひとつ『山高神代桜』&桜のトンネルを歩こう!『眞原の桜並木』】
CIMG5605.JPG
さて。引き返して小熊の下校の道を見てみましょう。さっき渡った『釜無川橋』です。
渡ってすぐに左に入る細い道があります。
CIMG5612.JPG
野猿返しの入口とも言える小さなトンネル。ファンタジーの世界に迷いこみそう!
ですが、この坂のきつさは徒歩や自転車だとうんざりしてしまうでしょう。
CIMG5616.JPG
きつい坂を上り切って、JR『日野春駅』前の七里岩道を左、JR『長坂駅』方面に向かってみました。
この道は、こんなふうに八ヶ岳が美しく見え隠れする気持ちのいい道です。小熊が免許取得のための実地試験を受けに行ったのは、この先の農大です。
CIMG5621.JPG
長坂町には昆虫博物館『オオムラサキセンター』 があり、国蝶オオムラサキが孵化の時期になるとあちらこちらで見られます。
おススメのカフェもありますよ。ゆったり休憩できる長坂町のカフェの記事は、こちら。
【くつろぎのひとときがそこにある~『NICETIMECAFE(ナイスタイムカフェ)』】
CIMG3781.JPG
これからの季節、ツーリングにおススメなのは須玉町の『みずがき湖』です。
紅葉の頃の『みずがき湖』周辺の記事は、こちら。
【〈増富もみじ祭りウォーク〉に参加しました!】

CIMG5628.JPG
こちらは、北杜市のなかでは東京寄りで、もっとも富士山に近い明野町から見た2018年の初日の出間近の富士山。この農道は、南に富士山、北に八ヶ岳、西に南アルプス連峰が見える贅沢な道です。
小熊のカブ仲間で、カブでの富士山登頂を目指した礼子は、ここから富士山を眺めたかも知れませんね。
道沿いにあるフラワーパークを紹介した記事は、こちら。
【今が見頃!日本一長いバラの回廊が美しい~『ハイジの村』】
遺跡も近くにあるんです。縄文時代の遺跡を紹介した記事は、こちら。
【縄文時代中期の集落跡『梅之木遺跡』オープン!】
CIMG5277.JPG
最後に、小熊がピクニックした清里駅近くのおススメスポット『萌木の村』 を紹介しましょう。
駐車場にバイクを停め、散策したり、ランチしたリ、お店をのぞいたり、メリーゴーランドに乗ったりと、とっても楽しいところです。
萌木の村のなかのお店を紹介した記事は、こちら。
【「暮らしを楽しむ気持ち」を手渡したい~器と雑貨の店『萌木窯』】
【木工体験が楽しい!自然木のぬくもりを大切に~『自然木工房ONO』】
*********************
いかがでしたか?
安全運転でツーリングを楽しみながら、北杜市を回ってみるのもいいでしょ~♩
『スーパーカブ』の"聖地"北杜市に、ぜひいらしてくださいね~!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年10月 5日
« 前の記事「特急かいじ30周年記念『特急列車ヘッドマーク弁当第七弾かいじ』発売!」へ
»次の記事「人気の北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~「定点観測」」 へ
北杜・山梨特派員 新着記事
富士山眺望抜群スポット、八ヶ岳、南アルプス連峰の眺めもすばらしい信玄堤の「信玄橋」
ご当地カレーを楽しもう!「黒毛和牛・甲州牛カレー」&「富士山麓牛と20種類のスパイス香る無限スパイスカレー」
冬一番~"八ヶ岳颪"が吹き荒れました
山梨県韮崎市の"シンボルツリー"樹齢330年の「わに塚のサクラ」を救おう!
高村光太郎文学碑から望む"ダイヤモンド富士"ビューポイント「日出づる里」~富士川町
人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~夕暮れにたたずむ
南アルプス連峰の「甲斐駒ヶ岳」が初冠雪~2021年10月20日
双葉SAで"静岡フェア"開催中!山梨と静岡を結ぶ「中部横断道」全線開通しました

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山梨県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 北杜・山梨特派員

    北杜・山梨特派員
    水月さえ
    2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集