海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ特派員ブログ > 【加筆】2014年7月1日施行の旅行者にお得なイタ...

イタリア/ローマ特派員ブログ 阿部 美寿穂

イタリア・ローマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年10月31日

【加筆】2014年7月1日施行の旅行者にお得なイタリアの美術館・遺跡などに関する法令について


【加筆】2014年7月1日施行の旅行者にお得なイタリアの美術館・遺跡などに関する法令について

イタリアでは、文化財・文化活動と観光省が2014年6月27日に通達した省令(Decreto 27 giugno 2014, n. 94)に基づき、2014年7月1日からイタリアの美術館・遺跡などに関する法令が大きく変わりました。この改定により、在住者及び旅行者さんにとって、今まで以上にイタリア観光が便利に、そしてお得になったことは間違いありません!

1475233708009_banner-domenica_1.jpg

↑ 2014年7月1日から毎月第一日曜日は国営の美術館、ギャラリー、博物館、遺跡、遺跡公園などの入場が無料になりました!「Sunday to Museum」、キャンペーンのポスターです。


この省令については2014年7月7日号の「ご利用下さい!7月1日からイタリアの美術館・遺跡などに関する法令が大きく変わりました!」のブログ(こちら )にまとめてあります。この記事の下部にも重要な部分を再度掲載しますのでご覧下さい。
さて、この省令中の1.の「毎月第一日曜日は国営の美術館、ギャラリー、博物館、遺跡、遺跡公園などの入場が無料」について、今回は少し詳細を付け加えたいと思います。何点かあります。


* コロッセオについて:コロッセオは大変人気のある観光施設です。昨年2015年一年間のコロッセオの入場者数は665万1046人を記録し、世界で2番目に訪問者数の多い観光スポットとなりました。(1位は中国の万里の長城)
毎月第一日曜日の入場無料日は、コロッセオの入場を目的に朝一番で飛んで行く(?)人達も多い為、入口の大分前から混乱してしまうことがあります。よって、内部での安全の為、この日は少しずつお客さんを入場させています!いつもの日より入場の為の時間がかかってしまうこともありますが、ご了承下さい。コロッセオの内部には一度に最大で3000人のお客さんが入ることが出来ます。


* ドムス・アウレアについて:毎月第一日曜日の入場無料日は、ローマでは突然行って並んでも無料で入れる施設がほとんどですが、ネロ帝の黄金宮殿 "ドムス・アウレア"はボルゲーゼ美術館の様に、この日も事前の予約が必要です。予約は電話番号 +39-06-39967700、月~金曜日9:00-18:00、土曜日9:00-14:00に受け付けています。この遺跡は一日に見学出来る人数の上限を設けています。入場希望の場合はお早めにお電話下さい。
詳細(過去記事):
2014年10月26日号 ネロ帝の黄金宮殿 "ドムス・アウレア"。約10年ぶり、いよいよ開きます!"ドムス・アウレア"って何ですか? Q&A編。こちら
2014年11月 2日号 ネロ帝の黄金宮殿 "ドムス・アウレア"。約10年ぶり、いよいよ開きます!入場情報編。こちら
2015年4月23日号 ボルゲーゼ美術館の入場無料日(毎月第一日曜日)の予約方法について。こちら


* ポンペイ遺跡について:大人気の世界遺産です。こちらもこの日はコロッセオと同様、パニックとならない様にお客さんを少しずつ入れています。入場の為の時間がいつもよりかかることがありますことをご了承下さい。


* 特別自治州の観光施設について:イタリアではシチリア島、サルデーニャ島、ヴァッレ・ダオスタ州などは特別自治州となっていますが、全ての特別自治州は毎月第一日曜日の無料開放デーに参加しています。


それでは2014年7月1日以降の変更点を掲載します。
* 色々細かい規定がありますが、ここでは日本人観光客さんに直接関係のある条項を記載します。


1. 毎月第一日曜日は国営の美術館、ギャラリー、博物館、遺跡、遺跡公園などの入場が無料!(有名処ではコロッセオ、フィレンツェのウフィツィ美術館、ポンペイ遺跡なども含みます)

2. 上記の全ての施設で18歳までは入場無料、25歳までは各種割引あり。(省令第4条にてEU-欧州連合以外の国籍の者でも対象とあります)

3. 一年に2回、"夜の美術館デー" という深夜1~2時頃までオープンするスペシャルデーを設けることを約束。入場料は一人1ユーロ(120円位)。

4. 毎週金曜日は上記の施設(1番で挙げている場所)は閉館時間を延長して夜の22時まで夜間開放をする。

5. 65歳以上は入場無料という規定が廃止になり有料に。(65歳以上の方々は若者に比べると経済的に余裕がある方が多いということから廃止の模様)

6. イタリアで学校などの教育機関にて教職に就いている者は入場無料。EU圏内の先生は半額。


ちなみに、今週末の11月6日(日)は第一日曜日に当たる為、国営の美術館、博物館、遺跡、遺跡公園の無料開放デーです。ローマ市在住者は市営の博物館・遺跡の入場料も第一日曜日は完全無料となっています。
詳細:
2014年10月11日号 10月5日より、ローマ在住者は市営博物館・遺跡の入場料が第一日曜日は完全無料に!こちら
11月6日に入場無料で入れる施設はイタリア全国で約375ヶ所あります。どうぞ良いご滞在を!




ローマから日常生活やイタリア旅行のヒントなどを気ままにツイートしています (*˘︶˘*).。.:*♡(毎日更新)
@RomaMizuho

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2016年10月31日
« 前の記事「【イタリアの秋の味覚】秘かなお奨めは、きのこの王様「ポルチーニ茸のピザ」!」へ
»次の記事「【修復工事終了】スペイン階段が真っ白に生まれ変わりました!」 へ
ローマ特派員 新着記事
【特集】ローマのクリスマスイルミネーション スペイン階段の周辺編
オミクロン株!ローマ市、屋外でのマスク着用義務化へ
バチカン市国クリスマスツリーの飾り付けが始まった!
ローマに観光客が戻って来た!!
コロナ禍でも変わらぬ美しさ ローマの夕暮れ
京王線事件 海外在住者が電車で気をつけていること
フォトジェニックなローマのもふもふの場所 4選
イタリアマンマの味 型で焼く簡単ふわふわピザパン!
1年前の同じ月に投稿された記事
ローマで一番有名な観光スポット、コロッセオに入場してみよう!!
イタリアのお米料理リゾットと、スーパで買うお手軽なリゾット土産!
【特別聖年開催はもうすぐ!】只今、スペイン階段は入れません!!
【ご注意】ローマの地下鉄営業時間変更のお知らせ(11月25日まで)

イタリア ツアー最安値


2021/3/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ特派員

    ローマ特派員
    阿部 美寿穂
    神奈川県出身。イタリア政府公認観光通訳、ツアーコンダクター(伊⇔英、日)。ローマ大学卒(文学哲学部文化遺産学専攻)、国立ペルージャ外国人大学修了。日本の公的機関で企画及び広報業務に6年間携わった後、渡伊。ご質問・ご相談などの各種お問い合わせはどなた様もお気軽にこちらまでどうぞ。また下記のSNSでは、イタリアの日常生活や旅行ヒントなどを毎日お送りしています!
    イタリア便り 阿部美寿穂(Twitter)
    romamizuho(Instagram) DISQUS ID @disqus_TzPr9NzFTw

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集