海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 【特集】オリンピック 盛り上がっていたであろう都市編

現地最新情報 地球の歩き方「特派員ブログ」
【特集】オリンピック 盛り上がっていたであろう都市編

地球の歩き方特派員から寄せられた、【特集】オリンピック 盛り上がっていたであろう都市編のページです。


【特集】オリンピック 盛り上がっていたであろう都市編

4月になりました。日本はすっかり春になりました。
今年は2月にオリンピック、3月にパラリンピックがありました。
もうかなり遠い昔のように感じます。時が経つのは本当にはやいですね。


さて、今回のオリンピックについて特派員の方にお住まいの都市の盛り上がり具合、
観戦方法などをレポートしてもらったところ


冬のオリンピックということかもしれませんが、都市によって盛り上がりには偏りがあったようです。
今回は盛り上がっていた都市をまとめてみました。


moscow_op01.jpg

画像:モスクワ特派員


--------------------------------------------------------
【ヨーロッパ編】
--------------------------------------------------------
▼ロシア/モスクワ特派員
ソチオリンピック- ロシアのユニフォームと言えば"BOSCO"
ロンドンオリンピックの際も、一際目立っていた気がする、ロシアチームの赤ジャージ。


ソチオリンピック カウントダウンボード- 今度はパラリンピックへ
昨夜19時頃の写真です。モスクワのマネージ広場にあるソチオリンピックのカウントダウンボード。


ソチオリンピック- 実況中継にはロシア式歓声大集合
ソチオリンピックが開幕して早5日。日本チームはもうあと少しのところでメダルには届かず...


ソチオリンピック- プルシェンコ選手棄権 インタビューの途中で...
今夜のフィギュアスケート男子SP、想像を超えたドラマティックな展開にまだ興奮醒めやらず...。


ソチオリンピック- オフィシャルグッズの行方
ソチオリンピックの終幕とともに、モスクワはいよいよ春の気配が濃厚になってきました。


moscow_op02.jpg

画像:モスクワ特派員


▼フランス/パリ特派員
ソチ五輪でフランスが獲得できるメダル数
ウィンタースポーツが盛んなフランスも、いくつかメダル候補の種目があります。


ソチ五輪で結局フランスはいくつメダルを取ったのか
ソチ五輪が閉会した今、フランスのメダル数はいくつだったのでしょうか。


paris_op.jpg

画像:パリ特派員


▼フランス/リヨン特派員
オリンピック視聴率とフランス選手の「LACOSTE」ユニフォーム
2014年冬季オリンピック閉幕、フランスのメダルは全部で15個。


▼ハンガリー/ブダペスト特派員
フィギュア 欧州選手権2014 ブダペスト 観戦こぼれ話
熱い戦いのヨーロッパ選手権の熱やまずソチオリンピックスタート!


buda_op.jpg

画像:ブダペスト特派員


▼クロアチア/ザグレブ特派員
【ソチ五輪】歴史的難コースを作ったクロアチア人
先月世界の注目を集めたソチオリンピック。


▼ドイツ/ハノーファー特派員
ソチオリンピック閉幕
2月7日から開催されていたソチオリンピックが23日に閉幕しました。


▼スウェーデン/ストックホルム特派員
オリンピックでも注目したいスウェーデン!
東京は大雪だという今日、こちらストックホルムは、プラス3度ほど、初春のような天気です。


--------------------------------------------------------
【中東編】
--------------------------------------------------------
▼トルコ/カッパドキア特派員
ソチオリンピックトルコ選手団
ソチオリンピックの真っ最中ですが、トルコでは全くと言っていいほどオリンピック熱はありません。


--------------------------------------------------------
【アジア編】
--------------------------------------------------------
▼フィリピン/マニラ特派員
モールのスケート場から史上初の五輪出場へ
冬季オリンピックとフィリピン、何ともイメージしにくい組み合わせですが・・・


▼韓国/ソウル特派員
ソチオリンピック IN 韓国①
いよいよ、ソチオリンピックがスタートしますね。韓国でも、高い関心です。


ソチオリンピック②
韓国で特に盛り上がっていた種目ですが、メダル獲得がかかったスピードスケートと
女子フィギュアでした。


--------------------------------------------------------
【北中南米編】
--------------------------------------------------------
▼アメリカ/シカゴ特派員
スピードスケート選手
今回の冬オリンピックアスリート、イリノイ出身者は11人。シカゴ出身となると3人になる。


ジェイソン ブラウン
アメリカ代表のジェイソン•ブラウン選手。実は彼もシカゴ周辺の出身ということで、
地元は盛り上がりを見せていました。


▼アメリカ/シアトル特派員
ワシントン育ちの11人目*ショートトラックのJ.R. Celski
ワシントン州出身のオリンピック選手は今回10人。


西海岸のパラドックス*Spoiler AlertとCBCのススメ
今回の開催地であるソチと西海岸との時差は12時間、ちょうど半日・・・


▼アメリカ/サンタモニカ特派員
温暖な南カリフォルニアから生まれた冬季五輪選手たち
サーフィンをしたり、砂浜で日焼けをしたりと、いつもビーチ気候のイメージの強い南カリフォルニア・・・


▼カナダ/オタワ特派員
スポーツマンシップ
オリンピック4日目を迎え、素敵なニュースが入ってきました。


▼ブラジル/サンパウロ特派員
ソチ冬季五輪:ブラジル代表は歴代最多人数出場!
冬季オリンピックのイメージが湧かないですが、ブラジル選手はどんな種目に出ているんでしょうか。


以上、オリンピックが盛り上がっていた"であろう"都市でした。
その都市の出身者がいるとやっぱり盛り上がるようですね。
次回はあまり盛り上がっていなかったかもしれない都市についてです。


2014年4月 3日
メール プリント もっと見る

« 前の記事「【特集】電車(メトロ)」へ
»次の記事「【特集】オリンピック 盛り上がっていなかった都市編」 へ

地球の歩き方Web特派員募集