海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > 超穴場な骨董市*BARRANCAS

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年7月16日

超穴場な骨董市*BARRANCAS


メール プリント もっと見る

超穴場な骨董市*BARRANCAS





バランカスの骨董市1






ブエノスアイレスは、「骨董の最後の秘境」と呼ばれています。


このブログではこれまでにも、古い石畳が今も残るブエノスアイレスの下町、
サン・テルモ地区で毎週日曜に行われる骨董市をご紹介してきました。


 過去記事「ブエノスアイレスで必見!サンテルモの骨董市」
  「おすすめアンティーク&レトロショップ」 「サンテルモ市場でお宝さがし」




ヨーロッパから移民してきた人々が持ち込んだ貴重な骨董から、
持ち主を変えながら大切に使われてきた古い日用品、
そして、ちょっと使い道が分からないガラクタまでー。
市内のあちこちで開かれている骨董市には、古い物なら何でも売られています。




観光客や、ヨーロッパからの買い付け客の多いサン・テルモ地区の骨董市とは違い
古き良き時代の品々を愛する地元の人たちで賑わう骨董市があります。
それが今回ご紹介する、BARRANCAS駅構内の骨董市です。
以前ご紹介した川沿いを走る観光列車、Tren de la Costa が立ち寄る駅でもあります。


 過去記事「ラ・プラタ川を眺めながら列車の旅」




バランカスの骨董市8




バランカスの骨董市4




バランカスの骨董市9






さて、このバランカスの骨董市を、以前こちらのブログでも紹介した
アンティークスプーンコレクターの友だちに案内してもらいました。
アンティークや、Viejo(古びた物)と呼ばれる品々と暮らす彼はいつも、
ここバランカスの骨董市でお宝を探すのだとか。
彼の家は、まるで骨董市そのものなのです。


 過去記事「ブエノスアイレスの住宅事情〜一戸建ての場合〜」




バランカスの骨董市11




バランカスの骨董市3




バランカスの骨董市5




うわー、どうしよう。欲しい物ばかり!
しかも、サン・テルモ地区の骨董市より、全体的にお値段は安い
ここなら、外国人だからふっかけてやろうという雰囲気もなく、
「近所のスーパーでちょっとお買い物」的な感覚で選べます。
この骨董市は、土日、祝祭日開催です。


バランカスの骨董市




バランカスの骨董市10




バランカスの骨董市6




バランカスの骨董市7






マイセンやローゼンタールなど、ヨーロッパの有名磁器メーカーのティーカップが
1脚40ペソ(約960円)〜 だなんて、めちゃくちゃ安い!!
私はもちろんティーカップ、
フリオは古い列車に使われていたブレーキ(何に使うの?)を購入。


サン・テルモの骨董市でも、このような地元客の多い骨董市でも、
露店の骨董屋さんで買う時は現金払いになります
(アンティークショップはクレジットカードがたいてい使えます)
なので、ある程度の現金を持って行くことをおすすめします。




バランカスの骨董市への行き方は、
過去記事「途中下車で楽しむ、蚤の市と骨董市」 をご覧下さい。





記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 見所・観光・定番スポット
2010年7月16日
« 前の記事「【サンテルモ】本格アラブ料理をBsAsで*Habibi Resto」へ
»次の記事「アルゼンチン土産に!マテ壷コレクション1」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    5月22日本日現在地下鉄全面スト
    アルゼンチンのコンセントの形状
    チリ、バルディビアの Feria Fluvial de Valdivia バルディビア河市場
    ValdiviaバルディビアのおいしいレストランNew Orleans
    チリ南部水の都バルディビア
    Recoletaレコレタの夜のそぞろ歩き Junin通りの紹介
    5月17日午前零時10分過ぎ NHKラジオ深夜便「ワールドレポート アルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」
    アルゼンチンデザイナーブランド((JUANA DE ARCO ホォアナデアルコ))20周年、パレルモソーホー発展立役者ジャンヌダルク

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集