海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 【特集】世界各地のバカンス情報

現地最新情報 地球の歩き方「特派員ブログ」
【特集】世界各地のバカンス情報

地球の歩き方特派員から寄せられた、【特集】世界各地のバカンス情報のページです。


【特集】世界各地のバカンス情報

id9_1253_s.jpg


皆さんの今年の夏休みは、どう過ごされましたか?


地球の歩き方特派員ブログでは、お題として世界の特派員に各地のバカンス情報を募集しました。

特に書き方は指定していませんでしたので、
有給休暇の状況や人気の旅行先、またはバカンス時の街の状況など
ところ変われば、バカンスの考え方・制度も様々なようで、大変興味深いレポートが届きました。

そんな十人十色なバカンスのレポートは以下からご参照ください。

●ドイツ・フランクフルト特派員
今年のバカンス、ドイツ人はどちらへお出かけ?
(「有給は完全に消化する」「常に職場の中で誰かが欠けている」)


●イギリス・グラスゴー特派員
イギリスのバカンスの過ごし方、湖水地方より
イギリスのバカンスの過ごし方
(「年間4〜5週間ほど設定されている有給休暇」)


●マケドニア・スコピエ特派員
マケドニア人のバカンスの過ごし方
(「お金がなくてもどうにかなるさ、という考えが主流」)


●ギリシャ・アテネ特派員
ギリシャのバカンスの過ごし方&スペツェス島  
(「ギリシャの子供たちの夏休みは6月半ばから9月半ばまで約3ヶ月!」)


●アイルランド・ゴールウェイ特派員
「避暑地」ならぬ「避寒地」へGo?アイルランドのバカンス事情
(20℃を少しでも超えたら"酷暑"らしいです。)


●イタリア・ミラノ特派員
バカンスの過ごし方
(「イタリアの普通のサラリーマンは、たいてい年間平均30日程度の有給休暇があります。」って・・・)


●スペイン・ビルバオ特派員
夏休み山派? 海派?
(個人的には海派です。)


●オーストリア・ウィーン特派員
オーストリアの夏休み
(法律で最低25日以上の有給休暇が認められている)


●ロシア・モスクワ特派員
バカンスはダーチャで☆
(ダーチャというのは、郊外にある菜園付きの別荘だそうです。)


●スウェーデン・ストックホルム特派員
スウェーデンのバカンスの過ごし方
(夏が短いからこそ、活動的になるスウェーデン人)


●オーストラリア・シドニー特派員
オーストラリアのホリデー(休暇)事情
(「法定有給休暇は年間20日間あり、有休取得中は+17.5%の付加金(Holiday Loading)が支給」。休まなきゃ損ですね。)


●アメリカ・ロスアンゼルス特派員
バカンスの過ごし方@LA
(ステイ先として人気があるのは、ロスカボスやカンクーン)


●トルコ・イスタンブール特派員
トルコのバカンス
(トルコで別荘を持つのは「お金持ちの特権」じゃないらしいです。)


●韓国・ソウル特派員
韓国でのバカンスの過ごし方
(アウトドアでサムギョプサルは美味しそうですね。)


また、バカンス明けで大変な状況になっているのが


●ブラジル・サンパウロ特派員
Férias(バカンス)明けのブラジルの様子
(インフルエンザが深刻なようです。)


一方、こんなエントリーも

●ベトナム・ホーチミン特派員
長期休みってなんだ?

ひとえにバカンスといっても、本当に各国様々ですね。


2009年9月 7日
メール プリント もっと見る

»次の記事「【特集】世界各地のハロウィーン情報」 へ

地球の歩き方Web特派員募集