海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 北杜・山梨特派員ブログ > 人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"...

日本国内/北杜・山梨特派員ブログ 水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年1月18日

人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~甲州弁を学ぶ


人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~甲州弁を学ぶ

CIMG8473.JPG
こんにちは。北杜・山梨特派員の水月です。
昔は方言でしゃべるのはちょっと恥ずかしいという風潮もありましたが、方言はその土地ならではのもの。最近では、そこでの暮らしや習慣や歴史なんかも感じられる大切な情報がいっぱい詰まった宝箱でもあると見直されていますよね。
「人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方」シリーズ第10弾は、「甲州弁を学ぶ」です。
上の写真は、「甲州弁カレンダー」(税込1000円)第2弾。第1弾と同じく、31枚タイプの日めくりになっていて、ひと月で約30語を覚えられる仕組みになっています。
CIMG8925.jpg
「甲州弁カレンダー」第1弾など甲州弁を紹介した記事は、こちら。
【わにわにしちゃいん甲州弁。おもしれーさよー】
前回の記事で紹介した主な甲州弁は、
「だっちもねぇ」(くだらない)
「てっ!」(えっ! まあ!)驚きを表す
「こぴっとしろし」(しっかりしなよ)
「ちょびちょび」と「しちょし」を併せて「ちょびちょびしちょし」で(調子に乗るな)
「背中かじって」(背中かいて)
「ささらほうさら」(いろいろなことが重なり、さんざんな目にあった)
「おわんなって」(召し上がれ)
「ももしちょし、ももっちいじゃんけ」(くすぐらないで、くすぐったいでしょ)

などなどでしたが、甲州弁カレンダー第2弾はさらに高度な甲州弁が載っていました。
CIMG8475.JPG
これ、わかりますか? 
「なんつーこんずら、いっさらわからんじゃん、ありっかねえら」
(なんてこった、まったくわかんないよ、ありえないわ~)
思わず甲州弁で言いたくなるほど、わたしにはチンプンカンプンでした。
「つげき」は、お返しの品のこと。
「くっちゃぐ」は、目をつぶること。(目をくっちゃいでたら、ボール打てんぞ!)
「いぐっちぐ」は、たがいちがいのこと。(コピーとったら一部ずついぐっちぐに置いといて)
といった感じで使うのだそうです。
CIMG8467.JPG
この辺は、まだちょっとわかります。
「れぇ」は、「てっ!」などと同じ驚きを表します。
「持ちに行ってきて」は、(取りに行ってきて)です。甲州ビジネス会話のなかでもっともトラブルにつながる言葉だそうです。
「げにげに」は、最善を尽くした最後の手段のこと。
「げにげにじゃあ、いいよ」(いろいろやってもダメだったら、しょうがない。いいよ)
なんて感じで使うそうです。
CIMG8493.JPG
この3つは、よく耳にします。
「おい、まちょう」(待ってくれ)
「けけちょし」(乗せないで)「テーブルに足けけちょし」
「よっちゃばる」(大勢で集まる)

CIMG8479.JPG
さて。甲州弁でどの言葉がいちばん好きかときかれたら、なんといってもこれでしょう。
「いいさよ~」
CIMG8482.JPG
たとえば大根をいただいて「悪いじゃんね~」とお礼を言うと「いいさよ~」と返ってきます。
この「いいさよ~」のやわらかさ、あたたかさはネイティブじゃないとなかなか出せないと思います。必ずにこやかな微笑みがついてきて、ほっこりした気持ちになる言葉です。


田舎暮らしの楽しみ方は数々あれど、土地の言葉を覚えるのもまた楽しいですよ。
前回の記事には「ちょ」の十段活用も載せていますので、ご家族で勉強してみてはいかがでしょうか。
寒冷地である北杜市の冬は長く、時間はたっぷりありますよ。
********************
「人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方」バックナンバーはこちらです。
第1回「定点観測」
第2回「野鳥観察」
第3回「山菜を満喫」
第4回「空を眺めて」
第5回「薪ストーブ」
第6回「野の草花に親しむ」
第7回「蝶とたわむれて」
第8回「小さい秋みつけた」
第9回「石仏に親しむ」

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 生活・習慣・マナー
2021年1月18日
« 前の記事「富士山麓の豊かな自然に育まれた「富士山黒牛」ジューシーでやわらかい赤身が魅力!」へ
»次の記事「大寒の頃、美しく雪化粧した山々~八ヶ岳、南アルプス連峰、富士山」 へ
北杜・山梨特派員 新着記事
冬一番~"八ヶ岳颪"が吹き荒れました
山梨県韮崎市の"シンボルツリー"樹齢330年の「わに塚のサクラ」を救おう!
高村光太郎文学碑から望む"ダイヤモンド富士"ビューポイント「日出づる里」~富士川町
人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~夕暮れにたたずむ
南アルプス連峰の「甲斐駒ヶ岳」が初冠雪~2021年10月20日
双葉SAで"静岡フェア"開催中!山梨と静岡を結ぶ「中部横断道」全線開通しました
山梨限定~記念切手発売!信玄公生誕500年記念 武田信玄公が築いた「山梨の魅力」フォトコンテスト
山梨県北杜市がPayPayでお得!最大30%戻ってくるキャンペーン開催中(2021年10月~11月)
1年前の同じ月に投稿された記事
お家でフォトジェニック!「青い富士山カレー」&「赤い富士山カレー」
富士山の展望抜群!中央自動車道「双葉サービスエリア(下り線)」
富士山オンパレード!お見せします~富士山いろいろ
旅って、いいな~ポルトガル・リスボンでカウントダウン!

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山梨県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 北杜・山梨特派員

    北杜・山梨特派員
    水月さえ
    2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集